忍者ブログ
ゆっくりしていかないでね!!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1時間~2時間くらいパンヤやったんだけどさ、
飽きた♪

案の定、俺ネカマなんだけど、今回はその「ネカマ」について書く。
俺の話す「ネカマ」は「ネトゲにおけるネカマ」だからな。他のネカマなんて知るかよ。
で、ネカマっつーのはオカマのネットヴァージョンだよ。ただオカマとネカマでは多大な違いが生ずる。オカマはアレだよ、ボン・クレーみたいな。マジじょーだんじゃないわ的なノリで、オカマってのは存在しているワケ。でもネカマってゆーのはこの広大なインターネット世界でのみ存在してるの。ネットじゃネカマだけどリアルじゃフツーのナックルガイだったりするわけよ。
なぜ、伊達ワルな漢どもはネカマというイレギュラー因子を身に纏うのか――

まずネカマやってるとメリットいっぱいなんスよね。これマジハンパないッスよ。キャラクター上は「女の子」なわけだからさ、別にこっちからどうこう言わなくたって、ガッポガッポ貢いでくれたりすんのよ。アイテムあざーっす♪

その代わり、ネカマ側は一生懸命「女の子」を演じていなければならない。男どもを失望させないために。で、ネカマ、つまり中身は男なわけで、その「男」が演じている「女の子」だから、必然的に性格やら容姿やらが男の「理想像」になるわけよ。つまりネカマっつーのは、言わば「理想の女性」だよな。

その「理想の女性」と話すことで、男どもは満足感を得たり、自己顕示欲を満たしたりできるわけ。どーせネット上だし、リアルに会うとかそういうのは普通ありえねぇ。ネット上だからこそ、リアルじゃできねーような「女の子に対する接し方」で振舞えるわけよ。それに対して「理想の女性」として応えるのが「ネカマ」なわけ。
つまりネカマは、世の男どもに夢を与えてるとでも言えるよな。

だからさ、「ネトゲの女キャラなんて9割ネカマだろ」とか、そーゆー考えでネトゲに臨んだら、コミュニケーションがつまらなくなるんじゃないかな。「女キャラだから女の子に決まってるさ!」くらいの勢いで、やったほうが楽しいんじゃないの。疑うより信じるほうが気持ちがいいってどっかの緑色のバンドが言ってたぞ。

ネトゲを「単なるゲーム」として捉えるんなら、「ゲームにコミュニケーションなんていらない」として捉えるんなら、それはそれでいいと思うけどね。つーかネトゲなんてほとんど家庭用ゲーム機でリメイクされてるよな。

つまり何が言いたいかというと、チヤホヤされるネカマうめぇwwwwwwwwwwwwww
でもずーっと「かわゆい女の子」演じてるっつーのも楽じゃねーッスよ。
PR
コメントする?

本文以外は書かなくてもいいよ♪
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント本文
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバック
トラックバックする:
カウンター
ランキング

一日一回クリックしようね(^o^)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
おともだち&相互リンク
最新コメント
[12/23 JOJO]
[12/11 prs]
[11/28 NK Brothers]
[10/22 prs]
[10/18 ああ]
最新トラックバック
(11/14)
ブログ内検索
アクセス解析


忍者ブログ [PR]